白衣がウケなかった

untitled

 

なんかね。

地震で部屋を片付けてたらね。

白衣が見つかった。

 

大学生のときに買ったやつ。

化学か薬学が買うやつ。

私は数学だったんだけど。

買う必要はないけどオシャレで買った。

大学生になると一つ上のオシャレを目指したくなるからね。

 

成人するとモテようと思うのは本能だからね。

そうやって生物は繁栄していくのだ。

鳥でも犬でもそれなりことはしないとモテないよ。

 

でも実際白衣を買ってみると恥ずかしくてとても着れない。

その辺りを散歩はいけるかもしれない。

電車に乗るとか絶対無理だ。

 

ちなみに数学科の卒論は問題を一問解くだけだった。

『○○を証明しなさい』だった。

例題もあってちょっとの応用ですぐ解けるやつだった。

紙一ページだった。

『論文』って気はせんかった。

だから世の中の一般的な卒論をよく知らない。

 

ちなみに論文を書くうえでよく勘違いされるのは、

『自分の意見を書いちゃダメ』

ということです。

論文は事実を書かないといけません。

 

推測で論文は書いちゃダメです。

感想文にならないように。

研究結果の事実だけを書かないと。

『私はこう思います』

とか論文っぽくないです。

 

ちなみに読書感想文を書く上でポイントが高いのは、

『その本を読んで何を得たか』

ということです。

浦島太郎を読んで、

『警告されことに興味本位で手を出さないようにしようと思った』とか

 

要は、

『本をたくさん読んでるけど話が全然できない人』

っているじゃないの。

これが何も得て無い人です。

知識が使えない人です。

 

やはり映画でも漫画でも読んだら自分のものにしていかないと

最初に主人公に難癖つけて返り討ちに会う雑魚キャラみたいな性格の人よくいます。

逆です。主人公のほうに影響されないと。

もう一回ワンピースを読み直したほうがいい。

まぁ、そういう感想文が先生も喜びます。

 


 

で、そういう話じゃないんだよね。

白衣が出てきたという話でした。

この白衣、

会社に持っていって着てやろうかなと思って。

『ウケるだろうな・・・』って思って。

『なんで白衣着てるんですかwww』

と、容易に予想されるじゃないの。

 

で、持っていって着てやったわけよ。

思いついたらやらないと。

この行動力が10年でだいぶ差がつきます。

 

で、今の事務所は人があまり居ないのね。

みんな外回りが多いのね。

直行直帰で来ない人もいるのね。

私だけ外には行かないのね。

 

で、白衣を持ってきた初日、

朝から一日中白衣を着てたけど、

誰も来なかった。

たまに誰も来ない日がある。

仕事もないのに残業したりなんかしてね、

誰か来ないかなって。

 

まさかの白衣が大すべり。

絶対ウケると思ったのに。

だって白衣だよ。

医者でもないのに。

SEなのに。

大学の専攻は数学科なのに。

 

『なんだその格好!』

って絶対思うでしょ。

『今朝からなんだか熱っぽくて・・・』

ってノッて来る人だっているはず。

それが全然ウケなかった。

なぜなら誰にも会わなかったから。

 

 

つまり今回言いたかったことはズバリ、

『誰も見てないならウケない』

コレです。

まぁ『宣伝しないと売れない』

と一緒です。

 

なんか面白いことを思いついても見せないとウケない。

そういうことです。

ちゃんと成果は発表しましょう。

コンクールやオーディションに応募しましょう。

これが若者に言いたいことです。

 


 

ちなみに、次の日も朝から白衣を着てたら、

最初に来たのが客だった。

『社長さんいらっしゃいますか?』だった。

社長さん居ないからすぐ帰った。

そもそもここの事務所に社長は来ない。

 

白衣にも全然触れられなかった。

だから別に白衣着ててもウケない。

そんな面白いことじゃなかったみたい。

 

 

 

 

いつの間にかこういう大人になりたくないと思ってた大人になった

20160604_001

最近気づいたことがあって。

会社でよく怒ってるなぁって。

腹立つことばっかりだなぁって。

 

若い頃は、『怒る上司』は嫌いだった。

それを急に思い出した。

こんなはずじゃなかった。

どんな理由があろうと怒る人は怖がられるから、

後輩には怒らないようにしようと思ってたのに。

 

まぁ、世の中不思議がいっぱいだ。

思い通りにはならない。

さぁ、今日は何を食べよう。

まぁ、ハンバーグなんだけどね。

ハンバーグ大好き。

 

とはならない。

解決しないと。

メシがのどをとおらんて。

ブルーな気分のメシのマズさ

知らないとは言わせない。

 

やっぱ解決しないと終われないわけよ。

ナメられっぱなしじゃ許せんわ。

いつ誰がなめたか知らんけど。

いやでも、俺を敵に回したことを後悔させてやるぜ。

だれが敵なのか知らんけど。

 

よし!敵はアメリカだ。

あいつら自分が世界のリーダーだと思ってやがる。

もし日本と合併したら

ずっと大統領は日本人になるからな。

 

そしてあのアメリカの宣教師め。

『ハンバーグ』が好きって言ったのに

『ハンバーガー』だと思いやがって。

すぐ盛りあがって質問攻めだよ。

『私も好きです!』とかさ

訂正するの難しいんだよ。

 

ハイ。だいぶ話がそれた。

戻します。

それで『こういう大人になりたくないと思ってた大人になった』わけだけど。

『なぜそうなったか?』仮説を立てます。

地震だけに。仮設住宅。みたいな。

 

その仮説はズバリ。

『こういう大人になりたくないと思ってた大人に、みんななる。』

コレです。

 

それでその根拠を説明するわけですが。

ちょっと難しいかもしれない。

読んでて意味がわからないかもしれない。

もし意味が分からなかった人は無理に考えずに。

『敵はアメリカ』ってことで。

それで納得してブラウザを閉じたほうが幸せです。

 


まずね、なぜ『怒る人が嫌い』なのか。

これはズバリ。

『怒られなくてもわかるから』です。

私はお金持ちになりたくて新入社員からずっとやる気満々です。

言われたこと以上の仕事をしようとしているし、

休日に資格の勉強もしているし

副業のWEBサイトだって作っています。

 

『そんなちょっとのミスで怒らなくてもいいだろう』

と思っているの。

『何も言われなくてもやる気満々なのに、逆にやる気なくすわ』

と思っているの。

だから『怒る人』が嫌いなの

『怒る人にならないようにしよう』

と思っていたの。

 

でもそれと同時に

『怒られない人になりたい』

と思ってたんじゃないかな。

『怒る人』が嫌いだから。

とりあえず自分は怒られないようにしないと。

 

それで『怒られない人』になるじゃないの。

これって要は優秀じゃないの。

それで後輩が『仕事できない子ちゃん』だったら腹立つよね。

俺は若いうちから言われたこと以上の仕事をやってきたのに。

『怒る人にならないようにしよう』はもう忘れるわけよ。

 

だからもう一回まとめると

『怒らない人になろう』と思ったときに本当は

『1.怒らない人になろう』

『2.怒られないようにしよう』

この2つの目標がたって

『2.』を先に達成して『1.』を忘れちゃうんだと思う。

さらに『2.』を達成すると逆に怒りっぽくなる。

怒られることをしてるヤツが許せなくなる。

 


もう一つ例があって、

私の友達に大学生で会社作った人がいるのね。

なんかね、

『上司の命令でやりたくない仕事をするのは嫌だ』

って言ってた

 

設立3年ぐらいのときに

『威張らない社長になりたい。』

社員に『あなたが社長だったんですか?』と言われたい。

と言ってた。

 

でも今はひどいよ。

『上司の命令は絶対だ!』

みたいな社長になってる。

根拠なしの指示を出して

社員との約束は平気で破って謝らない。

 

コイツも『こういう大人になりたくないと思ってた大人』になった

見事になった。

おそらくこんな感じ。

『1.やりたくない仕事の指示をする社長になりたくない。』

『2.的確な指示を出したい』

で、いつのまにか『1.』はどうでもよくなる。

逆に『自分の思うことが絶対』になった。

 

きっとあなたもなります。

今、『こうなりたくない』と思っている人に。

10年後はそうなってます。

だから嫌われ者の上司は絶滅しないの。

嫌な上司は必ずいるの、

 

つまり今回言いたかったことはズバリ、

『嫌な上司は必ずいる』

コレです。

永久に絶滅しません。

どんなに教育しても無駄です。

なぜなら、次は嫌ってたやつがそうなるから。

 

諦めましょう。

自然の摂理です。

人間は空を飛べない。

重力には勝てないのだ。

それと同じです。